河合塾 塾生専用ページ







英語テキスト英文音声 利用規約




英語テキスト英文音声利用規約

第1章 総則

第1条(本件サービス利用規約)
この英語テキスト英文音声利用規約(以下「本規約」といいます)は、学校法人河合塾(以下「当塾」といいます)が提供する英語テキスト英文音声サービス(以下「本件サービス」といいます)を受ける第3条所定の利用者(以下「利用者」といいます)に適用されます。

第2条(本規約の変更)
当塾は、利用者の了承を得ることなく、本規約を変更することがあります。この場合、本件サービスの利用条件は、変更後の規約によります。 変更後の規約については、オンライン上の表示その他当塾が適当と判断する方法により通知した時点から効力を生じます。

第2章 利用者

第3条(利用者)
利用者とは、塾生のうち、当塾が本件サービスの利用を承認した者をいいます。
なお、当塾は、利用者が本件サービスの利用を開始した時点で、本規約の内容を承諾したとみなします。

第4条(利用の承認・不承認)
1.当塾は別途定める方法にて本件サービスの利用開始を受け付けます。
2.当塾は審査の結果、利用者が以下のいずれかに該当することがわかった場合、その者の利用を承認しないことがあります。
(1)利用開始の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、または記入漏れがあった場合
(2)その他、利用者として不適当と当塾が判断した場合

第5条(変更の届出)
1.利用者は、氏名、住所、電話番号その他申込内容に変更があった場合には、速やかに所定の方法で変更の届出をしなければなりません。
2.前項届出がなかったことで利用者が不利益を被ったとしても、当塾は一切その責任を負いません。

第6条(利用の停止)
利用者が当塾を退塾した時点で、本件サービスの利用は停止いたします。

第7条(設備等の準備・費用の負担)
1.利用者は、通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての機器の準備および回線利用契約の締結、インターネット接続サービスへの加入、その他、本件サービスを利用するために必要な準備を、自己の費用と責任において行わなければなりません。
2.利用者は、利用者端末からアクセスポイントまでの電話料等の費用、その他、本件サービスを利用するために必要な費用をすべて負担しなければなりません。

第3章 利用者の義務

第8条(自己責任の原則)
利用者は、自己のIDにより本件サービスを利用してなされた一切の行為およびその結果について、当該行為を自己がしたか否かを問わず、責任を負わなければなりません。

第9条 (IDおよびパスワードの管理責任)
1.利用者は、自己のIDおよびこれに対応するパスワードを、他者に使用させず、他者と共有あるいは他者に許諾しないとともに、自己のIDおよびこれに対応するパスワードの使用および管理について一切の責任を持たなければなりません。
2.当塾は、利用者のIDおよびこれに対応するパスワードが他者に使用されたことによって当該利用者が被る損害については、当該利用者の故意過失の有無にかかわらず一切責任を負いません。また、当該IDおよびこれに対応するパスワードによりなされた本件サービスの利用は当該利用者によりなされたものとみなし、当該利用者は一切の責任を持たなければなりません。

第10条(著作権等)
1.利用者は、当塾が承認した場合(当該情報に関して権利をもつ第三者がいる場合には、当塾を通じ当該第三者の承諾を取得することを含みます)を除き、本件サービスを通じて入手したいかなるデータ、情報、文章等(以下、あわせて「データ等」といいます)も、著作権法で認められた私的利用の範囲を超える複製、販売、出版のために利用することはできません。
2.本条の規定に違反して問題が発生した場合、利用者は、自己の責任と費用をもってかかる問題を解決し、当塾に何等の迷惑または損害を与えてはなりません。

第11条(その他の禁止事項)
利用者は本件サービスの利用にあたって法令、本規約もしくは公序良俗に違反する行為、本件サービスの運営を妨害する行為、当塾の信用を毀損し、もしくは当塾の財産を侵害する行為、または他の利用者、第三者もしくは当塾に不利益を与える行為を行ってはなりません。

第4章 個人情報

第12条(個人情報)
当塾は、利用者の個人情報(以下「個人情報」といいます)を河合塾グループの定めるプライバシーポリシーに則って適切に取り扱います。

第5章 運営

第13条(内容等の変更)
当塾は、利用者への事前の通知なくして本件サービスの内容・名称を変更することがあります。

第14条(一時的な中断)
1.当塾は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、利用者に事前に通知することなく、一時的に本件サービスを中断することがあります。
(1)本件サービスを提供するための設備等の保守を定期的にまたは緊急に行う場合
(2)火災、停電等により本件サービスの提供ができなくなった場合
(3)地震、噴火、洪水、津波等の天災により本件サービスの提供ができなくなった場合
(4)その他、運用上または技術上当塾が一時的な中断が必要と判断した場合
2.本件サービスは、前項各号のいずれか、またはその他の理由により本件サービスの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因する利用者または他者が被った損害について一切責任を負いません。

第15条(免責事項)
1.本件サービスの内容は、当塾がその時点で提供可能なものとします。
2.当塾は本件サービスが提供するデータ等について、その完全性、正確性、適用性、有用性等に関し、いかなる責任をも負いません。
3.当塾は本件サービスの利用により発生した利用者の損害(他者との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます)および本件サービスを利用できなかったことにより発生した利用者または他者の損害に対し、いかなる責任も負わず、損害賠償義務を一切負いません。

第16条(本件サービス提供の中止)
1.当塾はオンライン上の表示その他当塾が適当と判断する方法により事前通知をしたうえで、本件サービスの全部または一部の提供を中止することがあります。
2.本件サービス提供中止の際、前項の手続を経ることで、中止に伴う利用者または他者からの損害賠償の請求を免れます。

第17条(本件サービスによる利用者資格の停止)
1.利用者が次のいずれかに該当する場合は、当塾は当該利用者に事前に何等通知または催告することなく、IDの使用を一時停止とし、または利用停止処分とすることができます。
(1)電話、FAX、電子メール等による連絡がとれない場合
(2)利用者宛てに発送した郵便物あるいは電子メールが当塾に返送された場合
(3)本規約に違反した場合
(4)上記各号の他、当塾が、緊急性が高いと認めた場合
(5)その他当塾が利用者として不適当と判断した場合
2.当塾が前項の措置をとったことで、当該利用者が本件サービスを利用できず、これにより損害が発生したとしても、当塾は責任を負いません。
3.利用者が第11条または本条第1項各号のいずれかに該当することで、当塾が損害を被った場合、当塾は利用停止処分または当該IDの一時停止の有無にかかわらず、当該利用者に被った損害の賠償を請求できます。

附則  2014年4月1日制定




CLOSE

Copyright 1996-2004 kawaijuku Eduction Instituton