河合塾 HOME

2016年度 教員研修サポート講座 数学

ご案内パンフレットpdf受講申込書pdf

◆ 2017年度全国数学入試問題分析と指導への活用

開催パターン・日時・内容・受講料



パ

l
日程
内容・時間
受講料
(教材費込、税込)
主に新高3生(受験学年)
        指導者向け
※すべて同一内容です。
※入室は12:00以降になります。
主に新高1・2生(低学年)
        指導者向け
※すべて同一内容です。
※この講座のみの単独受講
  はできません。
A 2017年
3月25日(土)
13:00〜16:15
※途中15分程度の休憩あり
-
10,800円
B 2017年
3月25日(土)
13:00〜16:15
※途中15分程度の休憩あり
16:30〜18:00
15,430円
C 2017年
3月26日(日)
13:00〜16:15
※途中15分程度の休憩あり
-
10,800円
D 2017年
3月26日(日)
13:00〜16:15
※途中15分程度の休憩あり
16:30〜18:00
15,430円
会場 大和大学(会場案内) (※最寄駅:JRまたは阪急吹田駅)

 2017年度入試問題傾向・分析をご報告するとともに、2018年度入試対策において、生徒にどのような問題を与え、どのような点に気をつけて指導していけば良いのかという観点から、効果的に生徒の数学力を伸ばすための手法の一例をご提案いたします。
 新学期前の時期に、今春実施された入試問題および解答に目を通し、傾向の把握と具体的な学習指導への提案という内容は、先生方の一助となるものと思います。年度末のお忙しい時期ではございますが、ぜひご受講いただきますようご案内申し上げます。

※当日資料として、2017年度入試問題、弊塾オリジナル解答例掲載の分析冊子(抜粋版・昨年度
 は約600ページ)をご提供いたします。
※毎年、河合塾数学科では、主要大学を中心に、約2,000題の入試問題の解答を作成分析し、教材
 ・模擬試験の作成、授業の向上、生徒指導などへ生かしています。

  昨年度から、従来の新高3生(受験学年)指導を対象とした講座とは別に、新高1,2生(低学年)指導のための講座を設置しております。
 「受験学年生」への指導講座では、主要大学については設問ごとの難易度表をお見せしたうえで、差がついたであろう問題の分析と生徒の再現答案やヒアリングから伺える受験生の状況をお知らせいたします。また、2017年度入試を踏まえ、近年の大学入試の特徴や新課程入試への移行の影響について報告いたします。一方、指導への活用として「問題を解き始めるまでのプロセスの意識化」「問題を読み取る際の着眼点」「方針の立て方」を中心にご紹介しながら、「グループワーク」「自己採点システム」等を利用したアクティブラーニングの実践報告も併せて行います。
  「低学年生」への指導講座では、低学年の生徒に早い段階から入試への意識を持たせ、各単元を学ぶ意図を明確に理解させるための手法として、「入試問題から必要な力を分析し、それを単元学習に生かす」方法をご提案いたします。

講師

ふじた たかし
藤田 貴志
PROFILE
大学受験科・高校グリーンコースではトップレベル理系生の講座を中心に担当し、数多くの合格実績に寄与している。熱心な指導には定評があり、多くの生徒から絶大な信頼を得ている。
今回の教員研修サポート講座だけでなく、夏に実施している教員研修プログラムや、秋に実施している東大入試研究会のレポーターも数年にわたり担当しており、授業だけでなく、幅広い活躍をしている。
このページのトップへ